ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
鉄への想い



真っ赤に焼けた鉄を、叩きあげて出てくるフォルム。


無機質な素材が、熱とハンマーで、温かく、味のある形に


変化しゆく、うれしさ。


新鮮なイメージが、新鮮なうちに具現化する、喜び。


鉄は、本当に素直な素材です。


制作心得 ”作るは、いっ時、 使うは、一生”

鍛鉄造形 鍛冶 火造り 鍛造 





{御注文の方法}

# まず、メール、電話、FAX等で、ご連絡ください。

# その時、左の作品集を参考にされて、何を制作されたいのか、
   できるだけ、具体的にお知らせください。

# その後、私が注文先へ出向くか、又は、当工房へ来ていただくか、
   打合せを、お願いします。

# 第一回目の打合せと、お見積りは、無料です。

# 制作予算、制作期間等、合意にいたれば、作品のデザインに入ります。

# 第二回目の打合せ。 デザインを基に、要望、変更事項等、お聞きします。

# 第三回目の打合せ。 改良したデザインを基に、打合せを行い制作に入ります。


# 制作費用の例。
   *門扉---幅、一間(180CM) 50万~90万円。
    運送、取付け費用は、別途です。
   *小品、キャンドルスタンド等 7,000~より制作いたします。


355-0343

埼玉県 比企郡 ときがわ町 五明 1124

アトリエ 遊火山  小峰 貴芳

Tel & Fax --0493-65-3848

メールアドレス
 mla23227@nifty.com





2018.  
 ドイツの出版社(HEPHAISTOS)より私の作品が掲載されている本が出版されました。「METALL DESIGN 2018」 この本はシリーズ本で、毎年約10名前後の作家を
 世界中から選び、作品を紹介しています。
 実は、初回の1999年度版にも掲載されましたが、
 その後、20年が経過し、再度編集者より依頼がありました。
 20年の時は長く、当時のエネルギッシュな作風はありませんが、
 60歳代の色気は残っていると思います。

  詳しくは、左の”作品本”を、クリックしてください。
  Please,Clike left side "Works Book".


 下の2冊は、過去に掲載された本です。いずれもドイツの出版社です。







2018.2
 縁(えにし)シリーズ。 小彫刻。
詳しくは、左の”小品”をクリックしてください。
"Relation Series"
Please,Left side "small work".

NO.11




NO.1




NO.2




NO.7





2018、3.
飾りスタンド。
全長約2M.
詳しくは、左の”ベンチ&テーブル”をクリックしてください。
Please,clike left side "Bench & Table".







2018. 3.
ペンギンです。頭を休める為、気分転換に制作しました。








新作の腰掛け達です。
2018.1
新カウンタースツール、その1。





新カウンタースツール、その2.





屋久杉千年の腰掛け。




同屋久杉、千年の腰掛け。その2.




腰掛け、栗。




同腰掛け、栗 その2.





"一輪挿し、大中小”




2017.

リデザイン---“お膳”---和室の畳の上で、お茶、食事などの時に使用する。

日本の伝統的な、ローテーブルである折り畳み式、お膳(高さ、30CM。直径120CM)に、鍛鉄製の脚を付け(高さ、62CM)、和洋兼用で使用可能とした。

鍛鉄製の脚は、木の楔にて固定され、取り外し自由です。
詳しくは、左の”ベンチ&テーブル”を、クリックしてください。


REDESIGN --- " The OZEN "--- on the tatami of a Japanese-style room, I use it at the times, such as tea and a meal.
which is a low table traditional of Japan and a dinner table (Foldaway and height, 30CM.diameter 120cm)
I attached the leg made of forging steel (height, 62CM), and made use possible by Japanese and Europe combination.
It is fixed with a wooden wedge and the leg made of forging steel is removal freedom.
Please,clike left side "Benchi & table".












2017 
展示用角柱スタンド。
詳しくは、左の”ベンチ&テーブル”を、クリックしてください。
Please,clike left side "








2016.10.
"展示用違い棚”
くわしくは、左の”ベンチ&テーブル”を、クリックして下さい。
Please,clike left side "Bench & Table".










2016.9
"ドア グリップ” かにや眼鏡店。
詳しくは、左の"小品を、クリックしてください。

Please,clike left side "small work".





2016.9. 
ベルギー、イープル2016 & BABA 2016 Exhibition.
YPRES 2016 & BABA Exhibition 2016 in BELGIUM.

今年は、第一次世界大戦のイープル市での戦い、100周年との事で、
その記念事業として、世界中の鍛鉄工芸家(鍛冶屋)に呼びかけがあり、
私も、招待され、参加しました。

詳しくは、左の”YPRES 2016" をクリックしてください。

Please,clike left side "YPRES 2016”。".








2016,6.
”風鈴” 真鍮 銅イオン仕上。

”Wind Bell”











2016.2  フック 各種。
左の”小品”を、クリックしてください。
Please,clike left side "small work".







コートフック。




-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------




2015、10. ベンチ、四葉のクローバーの小テーブル付。
      Bench with four leaf clover table.
      Pleases, click left side "Bench & Table"

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


2015.7.  初めて”蚊遣り”を、制作しました。
      Stand for Mosquito coils .

      左の、”小品”をクリックして下さい。
      Please,click left side "small work".
















2015.3. 家具の為の取っ手。左の、”小品”をクリックしてください。
     Knob for Furniture. Please click left side "small work".


---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------




---------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------------------------


           錆びの事

鉄は錆びる物。
特に日本は欧米と違い、高温多湿地帯の為、梅雨時などは一晩で、錆びが浮きます。
錆びゆくもの、
自然の流れに逆らわず、それを味と捉える事も、美意識です。

が、、、
私の場合、屋外品には亜鉛溶融メッキ後、塗装を行っています。
メッキの仕上げ、塗装前処理など手間が
、かかりますが、その後のメンテナンスを考えると、強固な防錆処理は不可欠です。

特に、公的要素の強いスペース(公園、学校、広場)に設置される品には、防錆と耐危険性(エッジの処理、耐久性)は、強く求められます。

昔、ドイツで鍛鉄修業をしていた頃、各国の門、フェンス、サインなど見て回りましたが、年代の古い作品には、サビが出ている品、あるいは、油性塗料が何度も塗り重ねられた品が、多く見受けられました。


日本と比べ、湿度の低い現代の欧米でも、屋外の高品質な鍛鉄品は、
ほとんどが亜鉛メツキ処理されています。

日本の場合、屋内品にも何らかの防錆処理は必要です。
私は、蜜蝋仕上げ、油焼付け、ワックス焼付け、塗装等で対処しています。

ステンレス、コールテン鋼、銅、真鍮、チタン等、酸化しにくい素材も鍛造可能ですが、鍛造の良さは、鉄が一番と感じています。










ご意見、ご希望等ありましたら、気軽にメールにて御連絡下さい。





〒355-0343

埼玉県 比企郡 ときがわ町 五明 1124.

小峰 貴芳

mla23227@nifty.com



# このホームページに記載されている、写真、資料、文章の無断使用は、堅くお断りします。


フッターイメージ